子持ち家族がコロナに感染したら大変だった話~職場・学校関係編~

コロナ感染

私がコロナに感染したがために、濃厚接触者となる子供たち、夫は自宅待機となります。コロナ感染発覚前日に実家へ帰っていたため、実母も濃厚接触者に・・・。実母のアルバイト先から事情聴取があり、精神的に参りました。子持ち家族だけではないと思いますが、同居家族が多いとみんなが濃厚接触者になるため、大変です。身内編もありますのでよかったら読んで下さい。

コロナに感染後、職場や学校へ電話連絡

私がコロナに感染したことが分かり、頭の中はパニックながらも職場、保育園、小学校、学童、そして実母にも連絡をしました。実母は定年退職していましたが、繁忙期なのでアルバイトとして行っている最中でした。

職場の対応とコロナ感染疑惑浮上

カラオケ

職場の社長へ連絡。おそらく保健所からも連絡があったのか濃厚接触者となる人たちは後日PCR検査を受けるとのこと。社長は私を責めることは全くなく、養生してください、との事。後日、濃厚接触者となる4名(無症状)が検査を受けた結果、2名が陽性。1名(Aさん)は私と同じ療養施設へ、1名(Bさん)は入院。私以外60歳オーバーの年寄りばかりなので、重症化することはなかったのでよかったです。ただ、入院した(Bさん)が前々から、仕事帰りに毎日のようにカラオケに行っていたようです。昼カラでクラスターが発生しているとかテレビで報道されていたにも関わらず、控えることなく行っていました。社長が注意しても行っていたようです。しかも社内でマスクをしないモラルの無い人でした。マスクをしない事が私はとても不快だったのですが、注意しづらく、他の年配の人が注意しても言うことを聞く人ではありませんでした。

後に聞いた話ですが、(Bさん)は私が熱を出して休んだ日から急にマスクをしてきたらしいです。社長が言うに表情も違ってたと。なので、恐らく自分(Bさん)に心当たりがあるんじゃないかと思ったようです。私が、症状(熱)が出たからコロナ感染が社内で1番になってしまいましたが、原因が思い当たらないため疑惑はBさんに向けられるようになりました。毎晩外食、毎晩カラオケ、ノーマスク・・・’’日頃の行いがものをいう’’というやつです。これだけ揃うとさすがに原因は(Bさん)と誰もが思ってしまいますよね。感染者数や推定感染源、他事例との関連等が毎日発表されますが、Bさんは私の濃厚接触者で処理されていました。何とも言えない悔しさでした。私から感染したように表記されているのが悔しくて悔しくて・・・。恐らく、保健所の方からの聞き取り調査で正直に行動歴を話していないんだろうなと。私が、保健所の方に「職場に毎晩のようにカラオケ行っている人がいる」と言っていたら、もしくはBさんが正直に話していたら表記は変わっていたのでしょうか・・・。唯一の救いは、社長が感染源はBさんだと思ってくれていることでした。やはり社内で一番に感染するってかなりの衝撃でした。誰がいつ感染してもおかしくない状況ではありましたが、感染対策をしていたにも関わらず感染する人と、日々カラオケ行ってマスクもしない生活を送る人とでは全然意味合いが違うと思うんですよね。

学校、学童、保育園の対応

教室

学校は教頭先生と連絡を取っていました。電話をするたび(PCR検査の結果や状況を報告するため)心配をしてくれ、責められる事なんてありませんでした。休んでいる間、担任の先生と話す機会はほとんどなかったのですが、毎日プリント類等うちのポストへ投函して下さっていたようです。ほぼ1ヶ月長男は学校をお休みしたので、同じクラスのお友達とかには、「風邪が長引いている」とか色々理由をつけて受け流してくれたとの事です。一切学校側はコロナ感染の事は漏らさずにいて下さり、漏れることなく今に至っています。学童の先生方にも事情を話し、コロナに感染したという事実は漏れていません。本当に有り難い事です。保育園も、先生方には共有しますが、保護者の方へは一切公害致しませんとの事でした。感染が悪いことではないのに、本当の事を言えないのはつらい世の中ですね。

母のアルバイト先からの事情聴取

頭を抱える

私のせいで母が濃厚接触者となり、職場へ迷惑を掛けて気まずくなったため、最終的には会社を辞めることになってしまいました。大変申し訳なく思っています。母の職場は工場もあり人数が多いので、一人でも感染者が出たり、濃厚接触者が出ると大騒ぎになるようです。なので、母は保健所から言われるPCR検査を待たずして、会社から抗原検査か抗体検査のキットを自宅まで持って来られ、すぐ検査を受けさせられたそうです。検査結果は陰性で安心したものの、結果が出る前に母へ職場の総務部長から連絡があり、私の行動歴が知りたいとのこと。『私から部長へ連絡してほしい』と母からの申し出がありました。ガンガン頭痛がする中、部長さんへ連絡。部長さんは、「ごめんなさいねぇ」と言いながらも行動歴等ズケズケ聞いてきました。保健所に話しただけでもへとへとなのに、母の職場の部長さんまでに長々と行動歴を説明。ほんっとうにぐったりでした。朝晩の私の体温や、子供たちの体温まで聞いてきました。「【なぜ体温まで伝えないといけないのか】と、本当にいい加減にしてほしい」と母に訴えた程でした。なぜそこまで会社が調べるのか分かりませんが、感染者に対する配慮をして欲しかったですね。

優しい対応に涙

ピンクのバラ

体は、仕事家事育児をしないので休まりますが、精神的にはきつい隔離生活の中、職場の社長や奥さんからは何回か連絡をもらっていました。体調を気にして下さるのは勿論、「子供さんのことは心配だろうけど、この際だから旦那さんに任せてゆっくり休んだらいいよ」とか。特に奥さんは母親の大変さを分かってくれています。(それに比べて義母はそういう優しい言葉を掛けてくれることは、一切ありません。)退所後もちょうど子供が春休みに入る頃だったので、「子供の春休み明けからの出勤でいいよ」と言ってくれたり。本当に頭が上がりません。身内以外、私を責める方はいませんでした。一番大変な時こそ、本性がでますね。私の場合ですが、コロナに感染したら情緒も不安定になり、怒りっぽくなったり、しばらくは涙もろい日が続いたように思います。

後記

職場、学校、学童、保育園、母の職場・・・コロナに感染したらとにかく連絡。家族が居るとそれぞれに連絡が必要なので大変でした。この時すでに夫とは不仲でしたが、こういう危機の時は何とか協力してくれたので、そこは感謝です。子供たちを見てもらわなきゃ私自身療養施設へ入所出来なかったし、数日間でも体を休められたので。ただ、療養施設に来た長男から「夜寝た後お父さんは下(事務所)に降りて次男が起きてしまって泣いて困った」と聞きました。次男がとても心配になり、夫へ「長男が次男を心配しています」とラインをすると、「長男が施設に行ってからは、ほとんど部屋に居ますので、心配なら次男に電話して聞いて下さい」との返事。長男が居た時は、次男の事は長男に任せて放っておいたんだなと思いました。小学1年生が2歳の面倒見れると思ってるのが信じられない。本当に長男、次男に寂しい思いをさせてしまったコロナ感染。思い出しただけでも心が苦しいです。今でも次男は、「お母さんが居なかった時、寂しかった」と思い出しては言ってきます。2歳なのに覚えてるってよっぽどだったんだな。私がコロナに感染しなかったらこんな思いをさせなくて済んだのに。Bさんが悪いわけじゃないですが、ここだけの話・・・正直思ってしまいます、マスクもせずにカラオケ行ってたせいだろ!って(怒)。

タイトルとURLをコピーしました